病院で肥満治療

肥満治療に一番良いのは健康的な食事メニュー

サプリメントや一つの食べ物に限ったダイエット(卵ダイエット、りんごダイエットなど)は栄養バランスが偏りますし筋力低下になるなど、不健康まっしぐらです。筋力低下で階段を昇ったり運動することが体力的にきつくなるため運動をするのを面倒になり、結局、怠慢な生活に。肥満であればあるこそ健康的な食事メニューが必要になるのです。
肥満に多い食生活は偏食、食べる時間が悪い、早食い、高カロリー調味料過多などが挙げられます。仕事の都合で食べる時間が消化時間や睡眠時間と合ってないことは多々ありますが、他の理由は「体内の運動不足」です。例えば、サプリメントを水と一緒に飲みこむことや、柔らかいおかずなどは顎の運動不足です。消化吸収をしやすくなってるため消化酵素の運動不足、腸の運動不足などにもなるのです。昔ながらの玄米や根菜などは良く噛むので顎の運動になりますし、良く噛んでも硬い食材ですから消化吸収のためにカロリー消費をしますし、消化器官が激しく動きますので運動になるのです。肥満治療には、簡単に食べられるようなものではなく、体全体の細胞が運動できる食事メニューに切り替えることで健康的に痩せられるようになります。
スポーツジムや水泳などはわざわざやらないといけません。行くのが面倒で3日坊主になるなんてよくある話です。ですが、食べることというのは生きてる間は切っても切れない作業ですから面倒なんて言ってられませんね。肥満治療にはこういう当たり前の生活から改善することで健康的に面倒無く継続できるのです。根菜は調理が苦手な人の場合は食品売り場で水煮されてるものを利用すると手に入りやすく、下ごしらえが要らないので光熱費を節約できます。肥満治療しながら光熱費削減できますね。根菜だけでなく、肉は鶏の胸肉やささみにしたり工夫次第で食事メニューは広がります。
肥満治療はまず食事から。無理なく継続できる工夫が第一歩です。