病院で肥満治療

肥満治療はこんな人におすすめ

体の周りに脂肪がついてしまい、年を重ねるにつれて脂肪が蓄積されて肥満体質になってしまう、そんな方も少なくはありません。
若い時は食べてもすぐに脂肪が燃焼されて新陳代謝なども、良いのですが体力がなくなってくるとどうしても、脂肪燃焼が出来なくなってしまうのが現状です。
メタボリックシンドロームと診断されてしまったのならば、すぐにでもダイエットを実行する必要がありますが、急激な運動をしていたり、急激な食事制限をしてしまうとかえってリバウンドしやすくなりますので、逆効果になります。
肥満治療を受けることにより、脂肪を減らすということも可能ですので、危険な状態であるならばすぐにでも肥満治療を受ける必要があります。
脂肪を取り除いてくれるので、お腹周りもすぐにスッキリさせることが可能ですので、肥満に悩んでいるのであればそういった治療法をしたいということを、医師と相談しながら決めていくというのも、大切になります。
体重増加だけなので気にすることはないと、そのように思っている人もいるかもしれませんが、隠れ肥満という言葉もありますので、気をつけなくてはいけません。
隠れ肥満は自分では気がつかないうちに、脂肪がたまっているということですのでとても危険な状態です。
ですので、そのような人は病気が進行していても気がつかないという事態になりがちですので、注意が必要です。
肥満治療を受けることにより、そういった心配事は消えますので、定期的に自分の体を検査しに行くように心がけておくことも大切です。
病気になるということが、一番怖いですので健康には充分に気をつけましょう。
いつまでも若くいたいという気持ちは、誰にでもあることですよね。

病院での代表的な肥満治療法

肥満は様々な病気を引き起こす要因となるため、近頃は肥満治療を専門で行うクリニックや診療科が増えています。
病院で医師の元行う肥満治療には、生活習慣の改善指導があります。
具体的には食事習慣の改善と、運動習慣の指導が挙げられます。
肥満になる原因は食事で摂取したカロリーを消費し切れていないことに起因するため、一日の摂取カロリーを目標カロリー内に抑え、有酸素運動や筋力アップトレーニングをするように指導をします。
それでもなかなか減量が出来ない場合や、体重超過ですぐにでも肥満治療が必要な場合には薬を使った方法もとられます。
肥満治療薬を医師に処方してもらい、服用する事で食欲を抑える効果が期待できるため、自分の意思の力では食べ物の誘惑に勝てないという人にぴったりです。
自然と食べる量が減るため、徐々に体重を減らしていくことが可能です。
また、薬よりもすぐに効果を実感したいと思ったときは外科的な肥満治療もおすすめです。
胃を切除して強制的に食べられないようにする外科手術を受ければ、無理なく減量をすることが出来て肥満治療に役立てることが出来るでしょう。
このように専門のクリニックや診療科では効果的な肥満治療を受けることが出来るため、自力でダイエットをすることが難しいという人はプロの力を手に入れてみるのもおすすめです。
大都市に多いクリニックや肥満治療専門診療科ですが、内科などでも相談に応じてくれることがあるため、気になる人は一度総合病院などで相談をしてみると良いでしょう。
健康保険を使える治療ならば医療費を心配することなく満足出来る治療を受けることが可能です。
肥満は万病の元なので、思い立ったらすぐにダイエットを始めるのがおすすめです。

病院での肥満治療の費用

現在美しさだけでなく、健康を求める為にも、海外だけでなく日本でも肥満治療は身近な存在になってきました。
日本では、40歳~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームか、その予備軍であると言われており、年々増加傾向です。
肥満症は動脈硬化の原因になり、さらには心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐ろしいものです。
肥満症の増加と共にその怖さも広く知られるようになり、多くの人が肥満治療に対して興味を持つようになってきました。
それとともに、肥満症外来を設置する病院も増えてきました。
病院での肥満治療としては、まず肥満度の状態をチェックする為の検査を行う事から始まります。
内容としては、血圧、呼吸測定、血液、尿検査、CT検査、ブドウ糖負荷試験、動脈硬化の検査などになります。
次にダイエットプログラムを作成し、定期的に通院をしながら、食事指導や運動指導が行われる事になります。
費用は、およそ2万円~6万円程度が目安と言われています。
投薬治療が行われる場合もあります。
食欲抑制剤「サノレックス」は1か月に3万円程度、消化吸収阻害剤「ゼニカル」は1か月1万円程度かかります。
手術が必要になる際の費用は、「脂肪吸収」で20万円~、「メソセラピー」と言う脂肪溶解注射は一部位2万5千円~が目安で病院によって、かなり価格が違ってくる場合があるので、事前に問い合わせておくと安心です。
もう一つ、保険が適用になるかどうかでも肥満治療の費用は随分違ってきます。
基本的に保険が適用になるのは、BMIが35以上、肥満による高血圧、糖尿病、高脂血症、膝痛、腰痛等の病気を持っている場合になります。
自分の肥満治療が保険適用になるのか確認しておく事も大事な事と言えます。

■米国で圧倒的シェアを誇るゼニカルについて
ゼニカル 通販